Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
THE FOOD WEEKLY

TREND View アイスクリーム

「ピノガチャ」パッケージを数量・期間限定で発売/森永乳業

投稿日:

イベントに濱口夫妻が登場

濱口優、南明奈夫妻が新商品のピノガチャパッケージをPR

森永乳業はロングセラーブランド「ピノ」シリーズから、「ピノショートケーキアソート(ピノガチャパッケージ)」を11月4日から期間限定で発売。さらに「ピノチョコアソート(ピノガチャパッケージ)」を数量限定で11月上旬から発売。

「ピノガチャ」は家族や仲間との楽しいコミュニケーションのきっかけを、「ピノ」シリーズを通して提供したいという想いから誕生したオリジナルパッケージ。黄色い「ピノガチャ」アイコンがついた「ピノ アソート(「ピノガチャ」パッケージ)」シリーズを2箱使用し、パッケージ内側に記載されている表示に従い工作すると、個包装「ピノ」専用の「ピノガチャ」が完成する。

新商品「ピノショートケーキアソート」(24個入、550円)はバニラ10粒、ストロベリー7粒、ミルクティー7粒の3種類。「ピノチョコアソート」(同)はバニラ10粒、アーモンド7粒、チョコ7粒の3種類。どちらも販売期間は来年2月頃まで。

11月4日にはアイスとゲームが大好きな濱口優、南明奈夫妻をスペシャルゲストに招き、池袋サンシャインシティ アルパB1・噴水広場で発表会が行われた。

池田執行役員営業本部マーケティング統括部長が新商品を説明

現在、ピノブランドは24個入と6個入が展開され年間で11億粒が消費される計算。同社の池田三知男執行役員営業本部マーケティング統括部長によると、これらを並べると地球ほぼ1周と同じ距離になるという。池田部長は「これからの季節、家族や仲間と集まるシーンが増える中、さまざまなフレーバーを分け合ってもらい、楽しいコミュニケーションをピノで提供していきたい」と新商品に期待を寄せた。

会場では高さ2mを超える巨大ピノガチャを回し、「推しピノ」抽選チャレンジに挑戦した南さんは新しいピノの楽しみ方を絶賛。人気フレーバーのアーモンド味を引き当てた濱口さんは「アーモンド味獲ったどー」とお馴染みの掛け声で会場を盛り上げた。

また会場では、一般向けに巨大「ピノガチャ」を使った商品サンプリングをはじめ、ピノガチャのクラフトコーナー、「ピノ」のフォトスポットも用意され、参加者は1日限定の巨大「ピノガチャ」を楽しんだ。

人気フレーバーのアーモンド味を引き当てた濱口さん

通常サイズのピノガチャ

WEB先行記事

-TREND View, アイスクリーム

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.