Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
THE FOOD WEEKLY

TREND View 飲料

聖火ランナーをアプリで募集/日本コカ・コーラ

投稿日:

綾瀬はるか、北島康介らが登場し発表会

聖火ランナーの応募キャンペーンをPR

日本コカ・コーラは東京2020オリンピックに向け、スマートフォンから聖火ランナーに応募できる「東京2020オリンピック 応援キャンペーン」を6月17日から開始する。10日に都内で発表会が開かれ、東京2020オリンピック&エクスペリエンシャルマーケティング統括部長の渡邉和史氏が概要を説明した。

会場にはキャンペーンを盛り上げようとコカ・コーラチーフオリンピックオフィサーの北島康介と女優の綾瀬はるか、プロサッカー選手の堂安律、YouTubeクリエーター(ユーチューバー)たちも集結した。

コカ・コーラグループは1928年のアムステルダム大会以来、90年以上にわたりオリンピックを支援。92年のバルセロナ大会から初めて公式に聖火リレーに参加し、これまで聖火リレーのプレゼンティングパートナーを11回務めてきた。12回目となる東京2020オリンピックでは全国のボトリング会社5社と協力し、47都道府県を巡る聖火リレープログラムに取り組む。

キャンペーンではスマホアプリ「Coke ON」を活用し、「コカ・コーラ」「アクエリアス」「綾鷹」「い・ろ・は・す」「ジョージア」各製品のオリンピック応援マークをカメラ機能でスキャンしポイントを貯める。1ポイントで聖火ランナーに応募でき、ポイント数に応じてコカ・コーラグッズが抽選で5万人に当たる。

夏場にはキャンペーンと連動した「コカ・コーラ」「アクエリアス」のテレビCM、全国での聖火ランナー体験ツアーも展開する。

渡邉統括部長がキャンペーンの概要を説明

渡邉統括部長は、募集テーマは「キミ色で、走れ。」とし、「聖火ランナーといえば著名人というイメージがあるが、キャンペーンは誰でも参加でき聖火ランナーとして走るチャンスがある」と広く応募を呼びかけた。

会場に駆けつけた綾瀬さんはキャンペーンに興味津々。スマホからの応募をデモンストレーションし、「操作は本当に簡単。全国からどしどし応募してほしい」と笑顔を振りまいた。また北島さんはオリンピックだけでなく、聖火ランナーの経験もあり「参加者は非常に貴重な体験になる」とコメント。堂安さん、YouTubeクリエーターのヒカキンさん、はじめしゃちょーさんらは模擬聖火ランナーとして、トーチを片手に会場内を快走しキャンペーンをPRした。

previous arrow
next arrow
スマホで簡単に応募できる
ArrowArrow
Slider

WEB先行記事

-TREND View, 飲料

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.