Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
THE FOOD WEEKLY

TREND View 調味料・香辛料

鶏肉需要貢献で感謝状/Mizkan

投稿日:

唐沢鶏明さんと鶏男爵が〝鶏チャー〟絶賛

唐沢鶏明さんと鶏男爵の皆さんでPR

Mizkanは、〝鶏のさっぱり煮〟や〝さっぱり鶏チャーシュー〟など「味ぽん」を通じたメニュー提案で鶏肉の需要活性に貢献した企業として、10月29日の「国産とり肉の日」に一般社団法人日本食鳥協会(東京都千代田区、佐藤実会長)から感謝状が送られた。

同日、都内で行われた感謝状贈呈式には「味ぽん」CMに出演する唐沢寿明さんとお笑いコンビの髭男爵も登場。この秋、Mizkanが提案する〝さっぱり鶏チャーシュー〟の作り方やおいしさをユニークにアピールした。

唐沢さんは「私の今があるのは『味ぽん』のお陰!」と、Mizkan関係者にとって嬉しいひと言。さらに〝さっぱり鶏チャーシュー〟のCMについては、「旨いんだから演技は必要ない」と断言。髭男爵の二人との試食レポでもおいしさをかみしめた。また〝鶏〟にひっかけて、イベントでは唐沢鶏明、鶏男爵のテロップを掲げ、1日限りの改名で会場を沸かせた。

〝さっぱり鶏チャーシュー〟は鶏むね肉を使って、味ぽん1に対して水1を加えて煮込むだけの同社オリジナルの簡単レシピ。レストラン「ニュートーキョー」でも10月1日から約2カ月間限定で、アレンジメニューが提供されている。

「国産とり肉の日」が5年目を迎えた日本食鳥協会の佐藤会長は「一昨年はミツカン様のCMのお陰で、手羽元が一時ひっ迫するほど売れた。今年はむね肉でも貢献して頂いた」と謝辞。感謝状を授与されたMizkanの伊藤勝巳取締役MD本部長は「味ぽんで様々な提案をしてきた。今回は煮ることでクッキングユースまで幅を広げた。外食チェーンでも採用され、少しずつ進化している。メニュー名が長いので社内では〝鶏チャー〟と呼んでいる。一大ブームを作りたい」と期待を寄せた。

previous arrow
next arrow
贈呈式でのフォトセッション
ArrowArrow
Slider

WEB先行記事

-TREND View, 調味料・香辛料

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.