Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
THE FOOD WEEKLY

TOPICS デジタル・IT/EC

原料検査にAI活用/キユーピー

投稿日:

外部提供視野に運用開始

デリア食品に導入した原料検査装置

キユーピーは今年1月から惣菜の原料となるカット野菜の検査に、AIを活用した自社開発の原料検査装置を導入し、運用を開始した。

惣菜の原料であるカット野菜の検査に活用するのはグループ初。キユーピーグループで惣菜の製造・販売を行うデリア食品の惣菜工場において、ポテトサラダなどに使用するいちょう切りニンジンの検査工程で導入。原料検査の自動化・効率化により、作業効率の向上を目指す。

また、従来の原料検査装置は色差などの画像処理で不良品のパターンを学習させる手法が一般的だが、この原料検査装置はAIに良品のパターンを学習させ、良品以外をすべて不良として検出することで、品質の精度を飛躍的に向上させた。さらにボタン1つで誰でも操作可能で、簡単に分解し洗浄できるシンプルな構造に加え、狭い工場でも多くのスペースを必要としないコンパクトさが特長。今後も生産現場の声をもとに改良を重ねていく。

同社は16年にAIを活用した原料検査装置の開発に着手し、18年8月からはベビーフードで使用する冷凍の角切りポテトや角切りニンジンの検査装置として本格導入。今後はこの成果を応用し、多種多様な原料の検査装置として、グループ内で展開していく。

また、今後の取り組みとしては、検査装置の改良をさらに進め、同様の課題を抱えている原料・食品メーカーへの提供も検討していく。

2019年3月4日付

-TOPICS, デジタル・IT/EC

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.