Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
THE FOOD WEEKLY

TOPICS 展示会

ダイヤモンドフェア’18/三菱食品

投稿日:7月23日

心と体の健康提案

三菱食品は7月10~12日の3日間、東京流通センターで「ダイヤモンドフェア2018」を開催した。「売り場に元気を。生活者に元気を。move on‣」をテーマにメーカー約50社、約3200アイテムを出展、約400メニューの提案を行った。約7000人の小売業関係者を中心に約1万2000人が来場した。

展示会を通じて食と暮らしの明日を創造する。心と体の健康を支える食の価値を見直し、生活者が長く健康でいるための中長期的施策を提案。会場は3つのゾーンに分けて構成。ゾーン1では将来想定できるシナリオから小売業が取るべき対応策を提言。事例紹介としてエリアマーケティング、地方型と都市型の小型店の在り方、イートインでは日本型グローサラント(デリカフェ)事業による収益性の確立、AIソムリエによる酒類売場の活性化策を展示した。

ゾーン2では環境変化予測、小売業の経営課題に沿って具体的なソリューションと機能を提案。中長期軸の戦略ターゲットとなるミレニアルズ(1980年生まれ以降の成人男女/独自定義)と現状ターゲットとなるミドル・シニアの見直しなどライフスタイルマーケティングを紹介。さらに「食のハッピー・ルーティーン」として生活者が幸せになるための食の新基準を健康、トレンド、スポーツの観点で提案した。この他、加工食品や生鮮、フードサービス、デリカ、低温食品、菓子、酒類の売場戦略を展示した。

ゾーン3ではオリジナル商品、ディストリビューターブランドと機能を紹介。機能紹介ではロジスティクス、イートインのお勧めソリューション、最新技術の紹介。さらに購買を促進する販促プロモーション、北海道命名150周年企画、未病対策として健康素材の提案、サイネージによる売場活性化策を提案した。=写真は初日に会見した原正浩執行役員マーケティング本部長

previous arrow
next arrow
社会のメガトレンドを強みである分析力で紹介
ArrowArrow
Slider

2018年7月23日付

-TOPICS, 展示会,

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.