Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
THE FOOD WEEKLY

TOPICS 小麦・大豆・米

新食品素材「米ゲル」/ヤンマー

投稿日:1月15日

グルテンフリーでも注目

ヤンマー(大阪市、山岡健人社長)は、グルテンフリーの新食品素材「米ゲル」の量産化技術確立に成功した。「Rice gele(ライスジュレ)」を、グループ会社のヤンマーアグリイノベーション(大阪市、橋本康治社長)を通じて、17年12月中旬から販売を開始した。
米ゲルは国立研究開発法人農研機構食品総合研究所の研究により開発された。加水した米を炊飯・高速せん断撹拌することでゲル状に加工したもので、ライステクノロジーかわち(茨城県稲敷郡河内町、橋本康治社長)が製造する。
米粉と比べて米独特の風味が少なく、加工品としての展開が容易な上に保水性も高いのが特徴。米ゲルを二次加工することで従来小麦粉を使って作られていたパンや麺類などをグルテンフリーで製造することや、カロリーを抑えたアイスクリームなどに応用することが可能となる。さらに乳化剤や増粘剤などの添加物の代用品としての利用も可能な食品素材としても期待されている。
今後はライスジュレを使った各種商品の開発も進め、Webサイトでグルテンフリー商品などを販売する。既にお好み焼専門店「千房」での採用が決まっている。

2018年1月15日

-TOPICS, 小麦・大豆・米

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.