Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
THE FOOD WEEKLY

TOP NEWS 小売 デジタル・IT/EC

パナソニックと次世代型CVSを実証実験/ファミリーマート

投稿日:

横浜に「佐江戸店」を4月2日オープン

ファミリーマート佐江戸店

ファミリーマートとパナソニックは、IoTなどのテクノロジーを活用した次世代型CVSの実現に向けて協業。4月2日に実証実験店舗「ファミリーマート 佐江戸店」をオープンし、報道陣に公開した。

同日、パナソニックコネクティッドソリューションズ(横浜市都筑区)で行った共同説明会で、ファミリーマートの澤田貴司社長は「技術革新は待ったなし」と現況を見据えた上で、パナソニックとの実証実験店舗については「ワクワクしている。未来を一緒に作る」と強い期待感を示した。

パナソニックコネクティッドソリューションズの樋口泰行社長は物流、流通、小売、外食も含めたあらゆる現場での生産性向上や品質確保、消費者の利便性向上のニーズの高まりを説明。その上で「この分野はまだまだ不確立で、実際に使えるものに仕上げていくプロセスが大事になる」と実証の重要性を示した。

実証実験の佐江戸店はパナソニックがファミリーマートの加盟店契約、パナソニック社員が店長、ファミマ社員も副店長として派遣し運営。デジタルデータによる効率・高収益運営や、地域の顧客視点による新コンセプト店舗の具体化を目指す。パナソニックがフランチャイジーとなることで現場からの真の課題を深掘りし、ITCソリューションと店舗オペレーションの一体開発をよりスピーディーに進める狙いがある。

両社は個店最適化や商圏拡張、省力化や売上増加を軸として、主に①顔認証/物体検知②業務アシストシステム③店内POP・電子棚札化④IoTデータマーケティング⑤イートイン空間演出⑥モバイルオーダーの6つのソリューションで新たなCVSのカタチを共創する。

中でも顔認証/物体検知では、物体検知AIなどを駆使して無人販売を可能にする。専用アプリで事前登録し、顔認証してチェックイン。商品をカウンターに置き一括スキャンし、顔認証で決済する。少人数での店舗オペレーションと新しい買い物体験を提供する。また業務アシストシステムでは、店舗内の複数あるカメラやセンサーを駆使することで、さまざまな店舗情報をデジタル化。商品陳列や欠品、混雑状況などウェアラブル端末を通じて店舗スタッフに伝えることができ的確な業務が行える。

previous arrow
next arrow
ファミマの澤田社長が顔認証を体験
ArrowArrow
Slider

2019年4月15日付

-TOP NEWS, 小売, デジタル・IT/EC

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.