Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
THE FOOD WEEKLY

TOP NEWS 注目記事 関西 麺類

次世代型スマートファクトリー2期工事が完了/日清食品

投稿日:

関西工場を報道陣に公開
RSPO認証を国内で初採用

関西工場は次世代型スマートファクトリー

即席麺業界で最新の工場となる「日清食品 関西工場」(滋賀県栗東市)が昨年10月に第1期を竣工。総投資額655億円、IoT技術を徹底活用した最新鋭設備の導入、製品の安全性、コスト競争力を向上させた次世代型スマートファクトリーとあって業界内外から大きな注目を集めている。生産品目は「カップヌードル」等の主力品で、同社が掲げる「カップヌードルの1000億円商材への育成」に向け歩みを加速する。第2期工事が3月に完了したことを受け15日、報道陣に公開した。

関西工場は同社にとって1996年竣工の静岡工場以来の新工場。国内直轄工場では5つ目となり国内最大級の生産能力を誇る。フライ麺の即席袋麺・カップ麺商品を生産。第2期工事完了時点では6ライン(1ライン200m)が稼働。「カップヌードル」シリーズのレギュラーサイズ3ライン、ビッグサイズ1ライン、「日清のどん兵衛」2ラインを完備。

今年12月には第3期工事で4ライン増設、合計10ライン体制となる。生産品目は「カップヌードルミニ」「日清焼そばU.F.O.」と、「チキンラーメン」等の袋麺を予定。現状ノンフライ麺の製造は未定。生産量は1日に2交代で最大400万食、年間では最大10億食に上る。これは現状稼働する滋賀工場の約1~2割増となるが、3交代24時間操業も可能。需要が増えればさらなる増産も可能だ。なお、時期は未定ながら滋賀工場での即席麺生産は終了する予定。さらに関西工場敷地内では、まだ2~3割ほど設備増強する余地がある。滋賀工場は具材関連や冷凍麺・チルド麺の生産など、さまざまな利用の可能性を検討する。

榎本工場長が最新鋭の設備を紹介

関西工場最大の特徴は最新鋭設備の導入と、IоT技術を徹底活用した次世代型スマートファクトリーであること。会見した榎本孝廣関西工場長は「技術陣が総力を挙げ、今までにない新技術も含めて良いものを詰め込んだ」と自信を語った。最新の取り組みの一つが世界最高水準の品質管理システム「NASA室」(日清自動監視管理室)。工場全体に約700台のカメラを設置するなどし、設備・品質管理カメラ・電気・水道・人など、工場内の全ての情報を画面上で一元管理できる体制を構築。ライン内に人が入らなくても機械の稼働状況や製造工程等を映像と数値データから把握、管理が可能だ。データは製造後も長期間保存されるので問題が発生した際には即座にトレースできる。

生産工程では15カ所のチェックポイントに基づき全数検査を行い、商品に使う具材もX線・色・重量の各検査項目を最新設備で全数チェック。これにより不良品発生率は100万個に1個以下のレベルを実現。これは宇宙ロケット打ち上げの安全基準よりもさらに高い安全性となる。

さらにロボット技術も活用。これまで人が行っていた確認や検査、原材料や容器の移動を自動化。人が極力介在しないため、人為的ミスのリスクが低減し人員削減にもつながる。特に今回は資材を自動搬送台車で運搬するシステムを採用したことが大きく寄与。この他、従来は人が行っていたカップの充填を完全自動化し、ダンボールの自動開梱、具材の自動投入等もロボットが行う。

徹底した衛生管理にも取り組んだ。工場内は高度清潔区・清潔区・準清潔区の3エリアに分け、外部からの異物持ち込みリスクを低減。生産エリアへの入退場は静脈認証で管理される。

関西工場は即席麺業界では国内初となる取り組みにもチャレンジ。それが「認証パーム油」(RSPO認証)の採用だ。パーム油は即席麺作りには不可欠だが、産地では農園開発のための熱帯林伐採による生態系破壊、児童労働や農園労働者の人権侵害等の問題も抱える。そこで日清食品は今年3月から認証パーム油の使用を関西工場で開始した。認証パーム油は森林破壊防止や生物多様性保全、人権に配慮して生産加工。すでに米国日清とハンガリー日清は切り替えが完了し、今回の関西工場での使用開始により、日清食品グループ全体で使用するパーム油の20%以上が認証パーム油となる。

関西工場では見学通路を設け社会科見学にも対応する。当面は栗東市近郊の学校を対象に無料で受け入れる。見学通路は人気デザイナーの佐藤可士和氏が監修、安藤徳隆社長も参画した。同社カラーである日清レッドを基調とし、見学通路から生産ラインの一連の工程を見学できる。さらにオリジナルのカップヌードルが作れる「マイカップヌードルファクトリー」も設置。4種のスープから1つ、12種の具材から4種(重複可)を選んでカスタマイズでき、容器には好きなデザインが描ける。また、エントランスには巨大なボードを設置し、同社商品やキャラクターなどのシールを自由に貼ってアートを楽しんでもらう仕掛けも用意している。

【日清食品 関西工場概要】▽場所:滋賀県栗東市下鈎21-1▽敷地面積:9万9865㎡▽工場延床面積:11万8108㎡▽設備投資額:655億円(第3期工事完了時)

previous arrow
next arrow
関西工場の全体イメージ
ArrowArrow
Slider

2019年3月25日付(スライド写真は13枚)

-TOP NEWS, 注目記事, 関西, 麺類

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.