Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
THE FOOD WEEKLY

TOP NEWS

収益基盤の回復課題/日本アクセス

投稿日:

関東アクセス会が総会

日本アクセス東日本営業部門関東エリア統括管轄支店と密接な取引関係にあるメーカー、商社、協力会社、日本アクセスで構成する「関東アクセス会」(吉田伸章会長/日清オイリオグループ取締役常務執行役員食品事業本部長)は、2018年度総会を7月6日に熱海後楽園ホテルで開催。会員226社240人が参加した。

総会は吉田会長の挨拶に続き、幹事店役員、入会4社(荒井商事、大黒食品工業、吉開産業、ロックフォール)、退会4社(アサヒ飲料〈カルピス首都圏支社〉、ストー缶詰、不二家、ロッテ〈旧ロッテ商事〉)が紹介され、同日現在の会員数は256社258人。改選期にあたり役員27社が再任された。また、年会費は5000円値上げの3万5000円となる。
日本アクセスは3月末まで西日本営業部門長を務めた、西村武代表取締役副社長副社長執行役員社長補佐=写真=が自己紹介を兼ねて挨拶。第7次中期経営計画の中で取り組む新規事業は佐々木淳一社長が中心になりつつ、自身は「既存事業を見ていく」とし、成長が続くネット市場への対応と、逆に縮小が予想されるリアル市場の中での成長。そして日本アクセスらしさをいかに出して行けるかに注力する考えを示した。
続いて設立25周年を記念した25年の歩みと第7次中期経営計画のVTRの放映後、亀岡正彦取締役専務執行役員東日本営業部門長が18年度経営方針、さらに黒沢忠寿常務執行役員東日本営業部門長代行関東エリア統括が関東エリアの方針、髙部正浩取締役専務執行役員広域営業部門長が広域営業部門の方針をそれぞれ説明。
懇親会では井上学副会長/ネスレ日本執行役員東京支社長が挨拶、相原淳副会長/桃屋取締役営業本部長が乾杯、大滝恭伸副会長/カゴメ執行役員東京支社長が中締めを行った。

2018年7月16日付抜粋

-TOP NEWS,

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.