Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
THE FOOD WEEKLY

TOP NEWS 飲料 嗜好品 菓子 その他

新しい問題解決で進化へ/ネスレ日本

投稿日:3月12日

4月にはコーヒー値上げ

ネスレ日本は2018年事業戦略発表会を3月7日にネスカフェ原宿で開催。高岡浩三社長兼CEOは前期業績を振り返るとともに業容拡大に向け日本が直面する〝新しい問題〟の解決を目指した取り組みが必要だと語った。また少人数、共働き世帯への対応をはじめ、物流費高騰に伴いコーヒー製品を値上げすることも明らかにした。

ネスレグループの17年(1~12月)業績は売上高898億スイスフラン(約10兆2268億円)、オーガニックグロース(OG=為替変動、買収売却などの影響を除いた売り上げ伸び率)2.4%、実質内部成長率(OGから価格変動を除いた数量ベース伸び率)1.6%、営業利益率は50‌bps(ベーシスポイント)改善し16.4%(前年比0.5%増)。
ネスレ日本においてはOG2.8%、営業利益額4.9%増、営業利益率41‌bps増(0.41ポイント増)で着地。OGはグループ計を上回るだけでなく先進国グループ計が0.7%に留まる中、4倍の伸びを見せた。
高岡社長は好調な要因について各カテゴリーでの順調な成長をあげる。「ネスカフェ」は家庭内はコーヒーマシンの普及、家庭外でも「ネスカフェ アンバサダー」40万カ所(18年3月現在の累計)、「カフェ・イン・ショップ」3100カ所、「ネスカフェ サテライト」1800カ所と飲用機会の場が拡大した。
「キットカット」はプレミアム戦略、インバウンド需要で好調。Eコマースは定期便サービス加入者が増え、コーヒー、チョコレートに次ぐ第3の柱として期待する抹茶も急成長。「ネスカフェドルチェグスト」で淹れる本格抹茶は市場シェアが56%に達し、18年度中には70%を視野に入れる。
そこで18年は、顕在化してきた〝新しい問題〟に対する解決策が必要と説明。世帯人数は少人数化するなかで製品の容量形態は大サイズから小サイズにシフトし、共働き世帯が増え家庭内消費は減少するため、家庭外の取り組みが求められる。
中でも人手不足は深刻度を増しており物流業界では遅配が増加、物流費は過去3年間で約1.5倍に高騰した。物流費はさらなる上昇が見込まれ4月からはレギュラーソリュブルコーヒー、「ネスカフェ ドルチェグスト」のカプセルを6~10%値上げすることを決めた。高岡社長は「非常に厳しい環境下、18年もトップラインを残し利益成長を遂げるために苦汁の選択だが値上げに踏み切る」と胸の内を明かし、各カテゴリーの取り組みを説明した。
「ネスカフェ」は家庭内は一杯型製品を拡充する。3月1日には「エクセラ」「ゴールドブレンド」のブラックスティックタイプを新発売。1月発売の「ネスカフェ ゴールドブレンド バリスタ」、専用カートリッジ6本のまとめ買いセットも好評も得ている。
家庭外では既存事業を一層強化。「ネスカフェアンバサダー」は20年の目標をこれまでの50万カ所から70万カ所、「カフェ・イン・ショップ」「ネスカフェ サテライト」も合計6000カ所から7000カ所にそれぞれ上方修正する。
訪日外国人観光客によるインバウンド需要で人気を集めた「ネスカフェ」「キットカット」のメイド・イン・ジャパン製品は海外販売を加速させる。韓国では昨秋「キットカット ショコラトリー」をオープンし大成功。今年4月には中国でEコマースを開始し、秋には店舗も予定する。今後はアセアン諸国への販路拡大も計画している。
昨年10月から開始した「ネスカフェ ウェルネス アンバサダー」は、「健康に長生きしたいが具体的に何をすればよいか?」といった声に応え好調。購入前診断で不足する栄養素入り抹茶カプセルを提案するサービスで、利用者は約半年で6万人を突破。1人あたり定期便購入金額も「ネスカフェ アンバサダー」の約1.5倍と高い。
5月からは働く女性をターゲットに肌、栄養、ストレス、睡眠といった潜在的な問題の解決を図る。「LINE」を活用した食事写真から栄養状態をチェックできるサービスや今後は血液検査、DNA検査も検討。高岡社長は「ネスレだけでは踏み込めない、よりパーソナライズしたサービスを考えている。他業種と手を組み進化することが21世紀型イノベーションだ」と強調する。=写真は半年で利用者6万人の「ネスカフェウェルネス アンバサダー」

2018年3月12日付

-TOP NEWS, 飲料, 嗜好品, 菓子, その他

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.