Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
THE FOOD WEEKLY

関西 調味料・香辛料 冷凍食品 小売

オタフクソースと海鮮系冷凍お好み焼を販売/阪急うめだ本店

投稿日:

oh!!sauce(オー!!ソース)の販売も順調

「oh!!sauce」に本格冷凍食品が登場

阪急うめだ本店でオタフクソースと共同展開するお好みソース饅頭専門店「oh!!sauce(オー!!ソース)」では、7月24日から冷凍お好み焼「oh!!こだわりお好み焼」の販売を開始する。

「oh!!こだわりお好み焼」は家庭で本格的なお好み焼を気軽に食べられる。直径15cm、厚さ2cmのボリューム感。海鮮とチーズが特徴の2種類を販売する。「oh!!こだわりお好み焼 トリプル海鮮」(税込660円)はタコと生姜を混ぜ込んだ生地に、大きなエビとイカをのせ、生地で挟んだ。ゴロゴロ入った具材の食感が味わえる。「同 ダブルチーズの豚玉」(630円)はチェダー、ゴーダを半分ずつのせて生地で挟み、チーズのコク、味の変化が楽しめる。ともにお好みソース(50g)が付いているが、オー!!ソース店舗で販売する「oh!!こだわりお好みソース」ともよく合う。

また、新商品2品が3枚ずつ入った6枚セットを阪急オンラインショッピングで9月10日から発売を予定。注文は毎月10日(300セット限定)。店頭では2品で日販50枚、ネット販売も含め月間3300枚の販売を予定。さらに12月にはギフト展開も計画する。

なお、7月1日からはハンバーガー感覚で食せる「お好みソース饅頭」に、新商品「いか&イカ天」(300円)、「カップたこ焼」(270円)を発売。「いか&イカ天」は関西のお好み焼の定番トッピング・いかと広島お好み焼の定番トッピング・イカ天を生地に混ぜ込み焼き上げた。「カップたこ焼」は生地に山芋を利用、水分調整を最適化してふわとろ食感を実現。イカ粉入りの天かすを使用しだしの味わいをアップ。スプーンで食べる新感覚たこ焼。

新商品の発売に伴い、既存品もリニューアル。「そば」(250円)、「うどん」(同)、「カレーうどん」(270円)は10%増量。ソース1.3倍、豚肉・マヨネーズ・天かすは2倍、だし粉は3倍にアップした。特にだし粉はだし感を重視する関西の購入者から「物足りない」との声を受けて。お好みソース饅頭は新商品を加え全6品で、年末に向けてクリスマスや女性を意識したチーズ関連商材の発売も計画。

オタフクソースによると、昨年12月から今年6月までの同店舗向け売上は計画比120%以上で推移。販売数量はお好みソース饅頭14.5万個、こだわりお好みソース5000本、購入者数4.5万人と好調なようだ。

WEB先行記事

-関西, 調味料・香辛料, 冷凍食品, 小売

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.