Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
THE FOOD WEEKLY

健康・栄養 外食

牛丼でボディメイク!RIZAPとメニュー開発/吉野家

投稿日:5月9日

「ライザップ牛サラダ」500円で販売

〝高たんぱく、低糖質〟を実現した「ライザップ牛サラダ」(左はテイクアウト)

吉野家はRIZAPとコラボレーションした新メニュー「ライザップ牛サラダ」を全国の吉野家店舗(一部店舗を除く)で5月9日から発売。RIZAPは外食企業とは初の取り組みとなる。

牛丼の具をご飯ではなくサラダで提供することで牛丼の要素もありながら、RIZAPが提唱する〝高たんぱく、低糖質〟を実現したボディメイクできる新感覚メニューとなる。牛丼の具をご飯以外の具材と提供するのは初めて。

丼にたっぷりのサラダと肉鍋から熱々の牛肉と玉ねぎを盛り付ける。スチームで蒸した鶏もも肉とブロッコリー、ミックスビーンズ、キャベツとレタスの生野菜サラダと半熟玉子の計6種類の食材を使用。個包装の和風醤油ドレッシングとともに提供する。

1食当たり300gを超えるボリュームでありながら、たんぱく質30g、脂質27g、糖質12.2gの高たんぱく、低糖質を実現。牛丼並盛と比べ、たんぱく質は1.5倍、糖質は8割カットし、カロリーを3割減の430kcalに抑えた。また、1食で1日に必要な野菜量の1/3を摂取できる。価格は500円でテイクアウトも可能。

5月8日に都内で開いた新メニュー発表会では、辻智子吉野家ホールディングス執行役員グループ商品本部素材開発部長、RIZAP所属の管理栄養士・柳井美穂氏、同じく統括トレーナーの幕田純氏が登壇し、新メニューの特長や魅力を説明した=写真。

WEB先行記事

-健康・栄養, 外食

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.