Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
THE FOOD WEEKLY

酒類 外食

新宿に〝ワンカップ女子〟が増加!?/大衆居酒屋「千酉足」

投稿日:

カップ酒200種類を常時販売

日本酒女子も急増中!?

東京・新宿に日本最大級のワンカップ約200種類を取り揃える大衆居酒屋「千酉足」を12月13日にオープンする。運営は飲食店の経営・企画デザインなどを展開するFOOD ARCHITECT LAB(東京都港区、横井貴広代表)。

同店は酒好きをターゲットに、昔ながらの大衆酒場を演出したコンセプト酒場。料理の価格を税込350円、500円、650円、800円、950円の5段階に設定し、回転寿司のように皿の色分けで会計できる仕組みを導入した。メニューは、名物白煮込み(オススメ5本盛+煮込み豆腐付き/950円)や魚肝刺し(800円)、イチボのなめろう(500円)、紫色が鮮やかな紫ポテトサラダ(500円)など、カップ酒を片手に楽しめる一品料理を取り揃えた。

店内のショーケースには、全国各地のカップ酒が常時200種類用意され、日本酒初心者や女性でも気軽に楽しむことができる。また、日本酒以外にも、バーボンや焼酎ショットグラスをビールの底に落として飲む独自のスタイルを提案。中でも、ジョッキに浮かんだショットグラスに韓国焼酎・チャミスルを注ぐ飲み方を「チャビースル=通称チャビする」(商標出願中)と名付け提供していく。

previous arrow
next arrow
全国のカップ酒を用意
Slider

WEB限定記事

-酒類, 外食

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.