Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
THE FOOD WEEKLY

嗜好品 外食

ラルゴ初のコンセプト店/UCC

投稿日:1月9日

梶谷理早バリスタによる実演

日本流の味わいを表現

UCCグループは1月11日、新業態「Largo Cafe&Bar Lounge presented by UCC」を横浜市内にオープン。業務用レギュラーコーヒー「UCC Largo(ラルゴ)」初のコンセプトショップとして、ブランドの世界観を打ち出す。

「ラルゴ」は「バリスタのためのエスプレッソ」として今年発売10周年を迎える。独自製法フレッシュアロマシステムによる芳醇な香りときめ細かなクレマ(泡)で本格的なエスプレッソカフェ、イタリアンレストランなど外食店から高評価を得る。

昨秋から品質はそのままにパッケージデザインを刷新するなどリブランディングを実施しており、コンセプトショップもその一環。「ラルゴ」の日本の風土や水との調和を目指す〝Japan Quality〟のエスプレッソを表現する。

ドリンクメニューのエスプレッソ(400円)、カフェラテ(550円)は4種類の「ラルゴ」とミルクのカスタマイズが可能。オリジナルサーバーで抽出するアイスブリュードコーヒー(650円)や、エスプレッソマティーニ(850円)などアルコール類も提供する。フードメニューもシーザーサラダなどを挟んだサンドイッチ「カスクート」(650円)、自家製カスタードクリームを使ったスイーツ「バルケット クレーム・ディプロマット」(480円)など充実している。

店内はメニューを提供するロングカウンターをレイアウトし、スタッフとの自然なコミュニケーションを意識。座席に設けたひな壇のようなベンチシートは街かどのベンチに腰掛けるような気楽な雰囲気を演出し、モーニングからランチ、バータイムと幅広いシーンでの利用を提案する。

一般客はもちろん、業務用ユーザーの拡大を目的に「ラルゴ」の店舗型ショールームとしても活用し各種提案を行う。

9日の内覧会でユーシーシーフードサービスシステムズ上島成介社長は、「ラルゴが目指す美意識を感じてほしい」と説明。また、今後の多店舗展開は否定したが、「レギュラーコーヒーの需要が伸びるアジアにはラルゴを広めたい」と意欲を見せた。

【店舗概要】住所=神奈川県横浜市中区山下町204番地1ダイワロイネットホテル横浜公園1階▽営業時間7時30分~22時(定休日なし)。

previous arrow
next arrow
ラルゴの世界観を演出
ArrowArrow
Slider

WEB先行記事

-嗜好品, 外食

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.