Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!
THE FOOD WEEKLY

関西 イベント・講演 国際

関税低下で対日輸出が急増/カナダビーフ国際機構

投稿日:

日本は米国に次ぐ重要な輸出相手国

清冨駐日代表㊧と、シェニエ領事兼通商代表

カナダビーフ国際機構は10月30日、大阪第一ホテルで「カナディアンビーフロードショー」を開催し、セミナーや試食会が行われた。食肉・流通関係者など約80人が来場した。

機構の清冨一郎駐日代表はカナダビーフについて「CPTPPの発効で関税が徐々に下がっており、対日輸出が急激に伸びている」と紹介。また、協賛したカナダ領事館からはシェニエ・ラサール領事兼通商代表も登壇。カナダビーフの輸出国はアメリカに次いで日本が第2位であることに触れ、「カナダにとって日本は重要な位置づけにある」と両国の関係強化に期待を寄せた。

セミナーではカナダビーフの魅力について次の5点を挙げた。①きれいな空気や豊富な水資源などの自然に恵まれ、健康な牛を育てるのに最適②連邦政府が義務化したトレーサビリティープログラム(イヤータグなどを装着し徹底管理)③アンガス種中心の肉専用種なので柔らかい肉質で品質も安定④穀物肥育により色味が良く日本人好みの風味豊かな肉質に⑤マーブリングなど厳しい格付け基準の設定。

さらに注目の関税については38.5%でスタートしたものが、33年には9%に下がるといった利点を紹介し優位性を伝えた。

関税は徐々に削減される

カナダビーフの試食も

WEB先行記事

 

-関西, イベント・講演, 国際

Copyright© フードウイークリーWEB|週刊食品 , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.